マイニングによる月利の高さ!

ビットコインボルト(BTCV)|マイニングによる月利の高さ!

ビットコインボルト(BTCV)に投資する上で付随してくるのがマイニングです。
ビットコインボルト(BTCV)という仮想通貨が新しく発行されるのは、このマイニング作業に成功したときです。
これをマイニング報酬として受け取り、これが「儲け」になります。
今回は、ビットコインボルト(BTCV)の月利の高さとマイニングの購入についてみていきたいと思います。

月利について

月利とはなにを指すかというと、投資した額を元本と言い、その元本を1ヶ月運用した場合や借りた場合につく金利のことを指します。
また、元本に対して1ヶ月ごとに発生する利息の割合とも言います。

例えば元本が20万円で、1ヶ月後に20万2000円に増やせていたとしたら、2000円が増えたということですよね。ということは、2000円÷元本20万円×100=1%月利1%ということになります。

この1%の利回りを毎月出すことができた場合、年利は約12%になります。

また、銀行で使われる月利は、銀行にお金を預金しておくと知らぬ間に数十円、数百円が記帳されていることが、月利になります。

現在のネットバンクを含む日本の銀行では、銀行によって差はありますが
0.16%〜0.016%の月利となっております。

元本が1万円だとすると、月に16円〜160円の利息がでるということです。

マイニングによるビットコインボルト(BTCV)の月利

マイニングによるビットコインボルト(BTCV)の月利では、毎日報酬を受け取ることができます。
マイニングのプランごとに報酬は違いますが、令和2年6月現在では月利約20%のビットコインボルト(BTCV)を受け取ることができています。

元本が2万円だとすると、月に4000円の利息、儲け、がでるということです。

100%で元本分は回収できるので、月利20%ということは単純計算で5ヶ月で元本を回収することができます。
銀行と比較してみるとすごく大きな違いなのがお分かりいただけるかと思います。

では改めてマイニングの仕組みについて解説していきたいと思います。

マイニングの仕組みについて

マイニングとは、承認作業を行う行為で、成功した人にはその報酬として新規に発行される仮想通貨を受け取る事ができるのです。

取引記録が書き込まれるデータをトランザクションと言い、この様子はブロックチェーンから確認することができ、すべての取引がリアルタイムで参照することができます。

そして、未確認の取引もトラザクションは書き込まれており、この未確認の取引をマイニングをする人が、承認する作業を行います。

そして、ブロックチェーンのブロック内には、トランザクションが記録されていますが、全てハッシュ関数というもので暗号化されています。

ハッシュ化することで、後からトランザクション(取引記録)を修正するという不正を防ぐことができるのです。

1つ1つのトランザクションは、ハッシュ関数によって変換されブロックに記録されます。

さらに、このブロック自体もハッシュ関数によって変換されています。

ビットコインボルト(BTCV)の価格が上がると月利も上昇する?!

ビットコインボルト(BTCV)の価格が上がると月利ももちろん上がります。
2020年の4月では月利40%にもなっていました。

これは半減期が大きな理由となっています。
ビットコインボルト(BTCV)の半減期は半年に1回です。
直近では2020年5月に半減期が訪れています。
そこから計算すると次は2020年11月ということになります。
この半減期前にビットコインボルト(BTCV)のマイニングの権利を購入するのがおすすめになっています。

Copyright © ビットコインボルト(BTCV)とは?基礎を徹底解説! All Rights Reserved.