ビットコイン(BTC)より半減期(減少期)が来るのが早い!

ビットコインボルト(BTCV)の半減期(減少期)が来るのは早い!

仮想通貨のマイニングには、「減少期」や「半減期」があります。
マイニングに限らず、仮想通貨による投資や資産運用を経験したことのある方、これから仮想通貨を始めようという方であれば耳にしたことがあるかもしれません。

全く聞いたことがかい方からすると、減少や半減という言葉だけから、何かマイナスなイメージを抱く方がいるかもしれません。

しかし、仮想通貨における「減少期」や「半減期」とは、マイナスなものでなく、非常に重要なタイミングをさします。

そして、ビットコインボルト(BTCV)はビットコイン(BTC)より半減期(減少期)が来るのが早いのはご存知でしたでしょうか?

ビットコインボルト(BTCV)の減少期(半減期)は「半年に一回」

ビットコインボルト(BTCV)の「減少期(半減期)」は半年に一度あります。

具体的には、つい最近、2020年5月に一度、「減少期(半減期)」がありました。
そして、6ヶ月置きに、2020年11月、2021年5月、2021年11月、2022年5月、2022年11月、、という周期になっています。

一方で、仮想通貨の中でも最もメジャーであるビットコイン(BTC)は、「減少期(半減期)」は「4年に一度」になっています。

ビットコイン(BTC)の「減少期(半減期)」もつい最近、2020年5月に訪れました。
仮想通貨のマイニングに参加している人にとって、この「減少期(半減期)」は、非常に大きなポイントとなってきます。

「減少期(半減期)」には価格が上がる?!

ビットコインボルト(BTCV)など仮想通貨の「減少期(半減期)」に価格が上昇します。

ではなぜ、この「減少期(半減期)」と仮想通貨の価格にそれほど大きな関連性があるのでしょう?
仮想通貨にとって「減少期(半減期)」とは、新しい通貨を発行する数が減少(半減)するタイミングであるためです。

例えば、仮想通貨でなくとも、今まで1日に200個新しく製造されていた商品が明日から 1日に50個しか製造されなくなる、となると何かしら影響はありますよね?
それが、希少価値になり、価格が上がる場合もあれば、良くない場合であれば、単純に人気や価値が下がる場合もあるかもしれません。

しかし、仮想通貨の世界はまだ非常に新しい業界です。
また、ビットコインボルト(BTCV)などは、その新しい仮想通貨業界の中でも、更に新しい仮想通貨になります。
同じく、仮想通貨の代表的な銘柄であるビットコイン(BTC)などは、「減少期(半減期)」前後に、過去最高価格となり、急騰した例があります。

ビットコインボルト(BTCV)は新しいため、ビットコイン(BTC)よりまだまだ1日に発行される数多くあります。
しかし、同じように「減少期(半減期)」前後でさらに価格が上昇したり、急騰したりする可能性がある、と言われています。

仮想通貨に減少期(半減期)がある理由

ビットコインボルト(BTCV)は非常に新しい仮想通貨であり、仮想通貨であるため少し難しいかもしれません。

しかし、例えば、法定通貨がひたすら毎日通貨を発行するとどのようになるでしょう?
法定通貨であれば、インフレを起こし、通貨の価値がひたすら下がるようになります。

仮想通貨は法定通貨とは少し性質が異なるとは言え、ビットコインボルト(BTCV)、ビットコイン(BTC)、どちらにしても発行の上限数が決まっています。
そのため、 上限数に達するまでに、1日のマイニングで発行する仮想通貨の数を調整するために「減少期(半減期)」は必要であるのです。

マイニング参加は出来るだけ早く!

マイニングが可能な仮想通貨であるビットコインボルト(BTCV)は、「減少期(半減期)」を持ちます。
そして、まだ新しいため、マイニングにより獲得できる数もビットコイン(BTC)などに比べ、非常に多くなっています。

仮想通貨として、発行数もしっかり計画されており、通貨の価値をしっかり保ちながらも価格は上昇し続けています。

Copyright © ビットコインボルト(BTCV)とは?基礎を徹底解説! All Rights Reserved.